学校を決める上で最も気を付けるべきこと

English

仕事帰りに新宿で英語を学んで自身のスキルアップをしたい、そんな社会人は多いです。そして、英会話教室やTOEIC対策の塾を考えている人も多いです。しかし、ここで教室や塾が宣伝している内容を見て安易に通う所を決めてはいけません。宣伝している側は、もちろん本当のことを言っているのですが、必ずしも自分にも合うかどうかは分からないからです。たとえば、「一年間で英語がペラペラに」という広告を見たとしましょう。その人は本当に一年間で話せるようになったのでしょうが、あなたが一年間で話せるようになるとは限りません。なぜなら、広告に出てくる人の一年前の英語力とあなたの英語力が大幅に違う場合がよくあるからです。ですから、実際に決める前に、気になった塾や英会話教室に体験入学をすることです。文章で読むと当たり前なのですが、実際に説明会などに行くと、その場の雰囲気に押されて入会を決めてしまう方が多いです。十分気を付けてください。

知っておきたい2つのこと

男女

ここでは、新宿で学校や受講する講師を選ぶ際に知っておくと英語学習がより効率的になる情報をお伝えします。一つ目は、受講料金の目安です。これは、学校によってまちまちです。安さを売りにするところもあれば、他よりも高い金額で面倒見の良さをアピールするところもあります。まず、相場の価格に比べて明らかに安いところは避けるのが無難です。やはり、受講料が安いのにはそれなりの理由があります。講師が英語を使いこなせなかったり、ネイティブ講師を謳いながらノンネイティブが講師をしているなどです。最近は減っていますが、まだ低価格帯のところではこのような悪質なところもあるようです。次に高すぎるところは、面倒見の良さをアピールしているところが多いですが、そもそも英語は自分で学習するときに一番力がつきます。ですから塾に頼りきりになってしまうと、飛躍的な力の帯は期待できません。よって、通う学校は、受講料金が相場から大きく離れていないところを選びましょう。二つ目は、講師の選び方です。講師は、授業の分かりやすさが一番ですがそれだけではありません。学習の効率や、やる気を上げてくれます。これは講師の力量に大きく左右されます。もちろんどこの学校も講師を売りの一つにしていますが、全ての講師が十分な実力があるとは限りません。本当に実力があるかどうかの判断基準は実はたくさんありますが、ここではだれでも手軽にできる方法をお伝えします。まず、その学校に本を出している講師がいるかどうかです。本を出すためには一定の実力や評判は最低限必要なので、ある程度の質は保障されます。ぜひ講師を選ぶ際に参考にしてくださいね。

広告募集中